心と体

2011年9月25日 (日)

私が尊敬するボクサー

Holyfield_2十数年前、当時勤めていた会社の社内報に私が尊敬し、ボクシングを始めるきっかけとなったイベンダー・ホリフィールド(右写真)について、以下の記事を書いた。
熱い失いかけている情熱を感じる

。+゚✽✿✽゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✽✿✽゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✽✿✽゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✽✿✽゚+。

皆さんにも尊敬する人がいるだろうか?
今回は、私が尊敬するボクシングのWBA・IBF世界ヘビー級チャンピオン、イベンダー・“リアルディール(本物)”・ホリフィールドの話をしよう。

私がこの男に魅了される様になったのは、1990年―彼が、マイク・タイソンを倒したジェームス・ダグラスを倒し、ヘビー級王座に就いた時だった。ギリシャ彫刻の様な鍛えられた肉体、落ち着いた表情、ただ者ではないと思った。

その後、彼がオリンピックのメダリストである事や一階級軽いクルーザー級の三団体の統一チャンピオンだった事など、輝かしい実績を知った。
しかし、ヘビー級王者としては当初、今ほど高い評価を得ていなかった。それも、当時タイソンの存在は大きく、これを倒さなければ真の王者として認められなかったのである。不運な事にタイソンとの対戦は、タイソン側の都合で三度も流れている。

ホリフィールドが初めて人々から高い評価を得る事ができたのは、奇しくも、初の敗北で王座を奪われたリディック・ボウ戦。後半ボウのパワーに圧倒され、ふらふらになりながらも最後までKOされる事なく戦い抜いた彼は、皆から尊敬される様になった。

一年後、ボウ相手に雪辱。やはり、この男は“リアルディール”。
しかし、防衛戦で楽勝と思われていた相手にダウンを奪いながらも判定負け。実は試合前、屈伸運動もできないほど肩を痛めていたのである。
多くのボクサーがこの程度の負傷だと試合を延期するものであるが、ホリフィールドは、どんな事も一度決めたら自分からやめる事はない。どんな困難に陥っても常に最善の方法を考え、最後まで勝利を捨てる事はないのである。

ところが、この試合後、心臓疾患と診断され引退を表明するが、「神の治療?」により完治。再起後、数試合を戦った後、マイク・タイソン戦を迎えた。
これまで、この二人が対戦した時の事を想像してきた。もちろん、様々な要因から分析し、ホリフィールド有利を予想したが、この時ばかりは再起後数試合から、年齢的な衰えを感じられた事や、タイソンが刑務所出所後の数試合でほぼ全盛期に戻っているから、かなり苦戦すると思った。

1996年11月、米国ネバタ州ラスベガス“FINALLY(ついに実現)”と銘打たれたこの試合、多くの人がこの日を待ち続けてきた。ホリフィールドがいて、タイソンがいる。それだけで何の演出もいらない。試合開始のゴングと共に右を振るタイソン。しかし、ホリフィールドは臆する事なく11回TKO勝ち。これだ!!多くのボクサーがタイソンのパンチを恐れ防戦一方になるが、ホリフィールドは逃げない。人生においても決して逃げない。それが、私の尊敬する“REAL DEAL”・HOLYFIELDだ!!

。+゚✽✿✽゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✽✿✽゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✽✿✽゚+。Y⌒Y⌒Y。+゚✽✿✽゚+。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

闘志無き者、リングに上がる

世界陸上韓国テグ大会も今日で幕を閉じる

実力を出しきれた選手がいれば、そうでない選手や怪我に泣いた選手もいるだろう。
しかし、皆、この大会の出場が決まってから、メダルを獲得するため、自己ベストを出
すために、普段以上に質の高いトレーニングをしてきたであろう。
「私は全くトレーニングしませんでした」なんて奴はいないだろう。
プロ・アマ問わず、大会や試合に練習なしで臨むアスリートなど、ごく稀だろう。

それがプロ・ボクシングの世界にはある。「噛ませ犬」と呼ばれるボクサーだ。この噛
ませ犬とは、元は、闘犬において調教する犬に噛ませて自信を付けさせるために当
てられる犬のことである。
日本のボクシングでは、チャンピオンを目指すボクサーに、勝って自信をつけさせる
ために、噛ませ犬として、タイやフィリピンの弱い選手を連れてくることがある。

当然ながら、この噛ませ犬は勝つ気などなく、まともなトレーニングもせずリングに
上がり、ダウンを奪われたら、立ち上がる気もなく簡単にKO負け。
皆さん、こういう男たちをどう思いますか?

私は今日、この噛ませ犬の様な愚かなことをした。いや、噛ませ犬よりも愚か者かも
しれない。噛ませ犬は、少ないながらもファイトマネーを貰っている。そしてそれは、母
国の物価を考えれば意外と高いのかもしれない。

私は、何の勉強もせず、資格の試験に臨んだ。自信はないくせに

闘志無きボクサーがリングに上がってしまった。

理由はどうであれ、愚かだ

| | コメント (4)